お疲れ様です!

もうニュースで知っていることと思いますが…


多摩の建設途中のビルで火災がありました。

死者5名、負傷者40名を超える大惨事となっています。

原因は、溶接の火花が断熱材のウレタンに引火したとのことですが、まだまだこれから調査が続くようです。

このような社会的に大きな影響を与える火災の場合、

対象物調査や法改正が行われることが多いです。

予防係の人たちだけでなく、みんなで注視していきましょう。

ところでこの火災が起きて、各署で検討会をやったりしたのかな…?

やって欲しいなぁ…(・ω・)

このような耐火造のビルの防御方法を検討することは当然ながら、

火災における多数傷病者発生時の対処方法も検討すべきだと思っています。

集団救急のことは、エマルゴやったりして訓練していますが、

果たして火災の時、ウチはどんな風に対処するのか気になるところです。

これは今度、勉強会の課題として話す機会を作りたいと思います。

その時はみんなで考えて話し合いましょう。

独り言みたいになってしまいましたが…

日々のニュースも視点を変えれば考えるきっかけになります。

いつもいつも消防のこと考えてたら疲れちゃいますが、

これだけ大きなニュースの時くらいは、ちょっと消防モードになれると良いかなって思います(^^)